Qiについて

iPhone8やiPhoneXの機能として話題となったワイヤレス充電ですが、Androidスマホでは以前から、その機能を搭載した機種が販売されていました。

「ワイヤレス充電では充電されない」というイメージが大きかったようで、iPhoneで採用されたのをきっかけにして日本で広まった感があります。

「iPhoneのワイヤレス充電だから大丈夫」という人もいますが、今までAndroidスマホで搭載されていたのと同じものなので勘違いのないようにしましょう。

なので、iPhoneでもAndroidスマホでも、「Qi(チー)」という国際標準規格のワイヤレス給電が使われています。

読み方は「キューアイ」ではなく、中国の気を意味する「チー」なので注意してください。

ワイヤレス給電の規格にはいくつかありますが、日本で販売されているスマホのワイヤレス充電規格はQiとなっているようです。

ワイヤレス給電と電磁誘導方式

広く一般的に「ワイヤレス充電」と呼ばれていますが、ネットなどで調べると「ワイヤレス給電」との説明書きが多いです。

どちらも同じ意味で使われていますが、「ワイヤレス給電」のほうが専門的な表現なのでしょう。

そしてこのワイヤレス給電の仕組みについては、”電磁誘導方式” という動作原理を活用しています。

記憶に残っているか微妙ですが、「ファラデーの電磁誘導の法則」というのを覚えていますか?

簡単に説明すると、片方のコイルに電気を流すと、もう1つのコイルに電気が発生するというものです。

これ以上の説明は専門的になりすぎるので、Qiはそんなイメージだと思ってください。

ワイヤレス充電のメリット

それでは、ワイヤレス充電のメリットついて書き出したいと思います。

まず思いつくのが、充電ケーブルを挿す必要がなくなるという点ですね。

置くだけで充電されるのですから、充電ケーブルという手間が省けます。

充電ケーブルといえば、iPhoneとAndroidスマホではコネタクが違いますよね。

先ほども書きましたが、iPhoneでもAndroidスマホでも同じ規格なので、ワイヤレス充電器を兼用することができます。

ワイヤレス充電のデメリット

次に、ワイヤレス充電のデメリットについて取り上げます。

真っ先に思いつくのが、本当に充電されているの?かということです。

実際にはきちんとすれば充電されますが、たまに位置ズレなどで充電されないこともあります。

ワイヤレス充電器も改良されていますが、まだまだ充電位置の問題はあります。

他にもちらほら見かけるのが、スマホカバーの材質によって充電されないという報告。

ついでに言うと、スマホカバーに収納しているカードの磁気なんかも何かしらあるようですね。

この程度であればどうにかなりますが、ヘビーユーザーにとって死活問題なのがこの次です。

ワイヤレス充電器に乗せないと充電されませんので、ワイヤレスイヤホンやワイヤレススピーカーのようには使えません。

つまり、ワイヤレス充電器に乗せままスマホ操作しなければなりません。

ただでさえスマホを手放せないのですから、ワイヤレス充電器に乗せまま操作するとか論外に思えてきます。

現時点でのワイヤレス充電において、これはかなりのデメリットと言えます。

ワイヤレス充電は必要なのか?

あまりにもワイヤレス充電のデメリットを書いてしまったので、最後にフォローしておこうと思います。

昨年(2017年)くらいから、ワイヤレス充電対応のモバイルバッテリーが販売されています。

ある意味、本当の意味で「ワイヤレス」です。

モバイルバッテリーから充電する時に、充電ケーブルが意外と邪魔なときありますよね。

ワイヤレス充電対応のモバイルバッテリーであれば、この煩わしさが無くなります。

実際にやってみるとわかりますが、これがなかなか便利で使えます。